産後 足のむくみ

MENU

産後の下半身トラブル「足のむくみ」

下半身痩せしたい新米ママは必見!

 

子供を産んでから「足のむくみ」に悩む新米ママは少なくありません。
妊娠中というは子供に栄養をおくるためにも水分や血液量は通常の1.5倍になると言われています。これが子供産んだ時に一度に大量の水分などが排泄されてしまうため、産後は余計に体が水分を溜め込もうと働きます。まずはこれがむくみ症状が酷くなる一つの原因です。

 

さらに生まれた子供に対して母乳を与えていきますが、体は母乳として体外にでた分を水分として蓄積しようと余計に水分を欲する体になると言われています。つまり産後は体に余計な水分をためやすい時期でもあるのです。加えて産後というのは運動ができないですし、座っていたり、子供の面倒をみる時間が多く、下半身に血液や水分がうっ滞しやすい時期でもあります。

 

産後は水分も排泄する量も多いですが、体が水分を溜め込むやすい期間でもあるため女性にとっては「むくみ症状」が酷くなる時期でもあります。だからといって水分補給をしないのもNGですので、こまめに水分補給をすると同時にむくみ予防や対策を講じていくことが大切となります。

産後にできる簡単なむくみ対策方法

産後はホルモンバランスも体の調子も整っていません。
あまり過度な食事制限や運動は控えるようにして、簡単にできるむくみ対策を行いながら予防をしていくことが大切となってきます。

就寝時のむくみ対策【足上げ法】

血液というのは上から下に向かって流れています。そして体のポンプ機能が活躍して下から上に持ち上げます。この循環をしているのですが、寝ている時は基本的には下半身の方が心臓よりも下にあるケースが多いです。クッションでもなんでもいいので心臓の位置よりも足を高い位置にあげて就寝することで下半身の滞りを防ぐことができます。

むくみ予防商品で対策

母乳を上げたりする時期というのは健康が第一となります。むくみ解消サプリなどありますが、産後は着圧ソックスやタイツのような靴下タイプを活用する方が体の健康にも良いです。若干キツくなるのでサイズだけ間違えないようにすれば下半身に溜まった血液や水分を上に押し上げてくれる機能があっていいですよ。

母乳を終わり、本格的にダイエットするなら痩身エステ

実際に妊娠前の体重やスタイルに戻すには子供が生まれてから半年が勝負と言われています。しかし、かなり手のかかる時期ですので両親や旦那さんのサポートがないと本格的なダイエットをすることもできません。

 

二人目を産む予定がまだ先のことであれば、母乳が終わってからでも遅くないのでエステで集中ケアをすると妊娠前のスタイルに戻しやすいです。特に子供を産むと骨盤が広がってしまうので骨盤ケアを集中的にできるサロンだと助かります。骨盤というのは代謝にも姿勢にも影響してくる大切な部分です。同時にお腹の筋肉や皮膚も伸びきっていて鍛えることが必要。

 

サロンにおいてあるアスリートも活用するEMSマシンであれば装着するだけで、筋力運動をすることができるので引き締め効果は抜群です!費用はかかりますが、綺麗なママでいるために努力も必要なんですよね(^o^)